昼の食堂
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク

若いふたりの釜あげうどん

釜あげうどん くろ

ふわぁ〜と小麦のいい香り

釜あげうどん くろ

宮崎はうどん好きの人が多くて、釜揚げうどんの店もたくさんある。今回は若い夫婦が切り盛りする開店6年目の「釜あげうどん くろ」を訪れてみた。
中心地から歩いて7〜8分の橘通5丁目にある。駐車場もあるので車できても大丈夫。アート好きな店主らしい外観と暖簾が印象的だ。店内はこじんまりとしていてカフェのような雰囲気もあって女性一人でも来れそうだ。ランチタイムは近くで働く人たちが入れ替わり出入りしていた。

釜あげうどん くろ

茹でたてのうどんとつゆが大小別々の器で運ばれてきた。ふわぁ〜っと小麦のいい香りがした。薬味に手作りのあげ玉とネギ、ショウガが添えてある。麺はモチモチでつるつる。すっきりとしたつゆにくぐらせればツルンと喉を通っていく。麺を食べ終わると、麺がつかっていたお湯をつゆに入れていただく。これが釜揚げうどんの醍醐味でもある。毎日でも食べれる釜揚げうどんのおいしさは、シンプル故に奥が深いと思った。

素材にこだわる、宮崎にこだわる

少し細めの柔らかい麺は毎朝、湿度や気温を意識しながら手打ちしているそうだ。つゆのベースとなるのは日南産の醤油、そして出汁は羅臼昆布、かつお節、さば節、原木椎茸。この原木椎茸が味も風味も抜群でいい出汁になっている。「醤油も椎茸もいろいろと試してみた結果、たまたまどちらも日南産のものになりました。甘めの醤油と味と香りのしっかりした原木椎茸は開業以来こだわって使っています」とおいしさの裏側を教えてくれた。
店主の鳥原真悟さんと奥さんの明美さんが20代でオープンさせたお店はもう6年が経つ。「基本は真面目にシンプルに」うどん作りに日々研鑽を重ねている。県内外の人が訪れる人気店になっても、素材にこだわり、宮崎にこだわって味を守り続けていく姿勢が頼もしくも感じた。

釜あげうどん くろ

昼の食堂

昼08

釜あげうどん
くろ

  • 宮崎市橘通東5-7-13
  • 0985-34-9569
  • 営業時間 11:00~14:00
    18:00~21:00
    ※土曜日は11:00~15:00のみ
  • 店休日 日曜日、不定休あり
  • 朝の食堂
  • 夜の食堂
  • 深夜の食堂
食堂の窓のイメージ