宮崎市

ホーム市政情報政策・計画商業・観光「まちなか」の公共空間を使って新たな取組・イベントを実施したい個人又は団体を募集します!

「まちなか」の公共空間を使って新たな取組・イベントを実施したい個人又は団体を募集します!

 

「まちなか」の公共空間を使って新たな取組・イベントを実施したい個人又は団体を募集します!

   本市では、まちなか公共空間の新しい活用等を推進するため、「まちなか公共空間活用促進事業」を実施いたします。

  本事業は、コンセプトに沿った取組・イベントを実施する個人又は団体を支援し、公共空間の新しい活用方法について公民連携で検討・実施することで、「まち」に関わる人が増え、新たな魅力を創出することを目的としています。

 公共空間を使って、「野外で映画鑑賞、マルシェ、ワークショップ・・・」等、新たに取組・イベントを実施したい人の申込をお待ちしております。

 

 

1   目標とする公共空間のコンセプト

   ー「まちなか」を「リビング」に。ー

   音楽を聴き、ゆっくり過ごす。他愛もない話をする。大声で笑いあう。なんとなく集まる。

   そんな「リビング」のような空間が「まちなか」にあるといいと考えました。

   芝生に座って映画鑑賞、木陰で読書、マルシェで新たな発見、出会いからアイデアが生まれ、

   新しいチャレンジの相談をする。そんな空間、何となくワクワクしませんか?

   素敵な「ヒト」や「モノ」がゆるやかに繋がり、「コト」が生まれ、楽しいや嬉しいを共有する心地よい空間。

   「まちなか」の公共空間がそうなるように、自分たちで考え、ワイワイ言いながら、みんなで育てたいと思います。

 

2   本事業の目的

    1  市民の財産である「まちなか」を、多様な繋がりやコミュニティがさらにうまれる場とする。

    2  公共空間の新しい活用方法について公民連携で検討・実施する。

  3  様々な取組の実施を通じて、学生や若者など新たな世代を中心に、「まち」に関わる人を増やす。

 

 

3 本事業で行う取組の例(参考)

  野外で映画鑑賞、一箱古本市、マルシェ、ワークショップ、セミナー、交流イベント、トークイベント など

  ※コンセプトに沿った、参加型の取組・イベントを想定しています。

 

4 会場

  若草通、別府街区公園、一番街の各エリア

 

5 期間

   原則として、平成29年12月から平成30年3月までの毎週土曜日(12月30日除く)を予定しています。

  既存イベント(街市・高校生商店街・20祭inDoまんなか等)が開催される場合、既存イベントの運営に支障が出ない範囲での実施は可能です。その場合は、既存イベント実施団体との調整が必要になります。

  土曜日以外の開催を希望する場合、個別に商業労政課まちなか活性化室(21-1792)にご相談ください。

  (期間)

  平成29年12月2日、       9日、      16日(※1)、23日(※2)

  平成30年1月6日(※3)、13日、      20日、       27日(※2)

       2月3日、       10日、      17日、       24日(※2)

       3月3日、       10日(※1)、17日、     24日(※2)、        31日

   (※1)高校生商店街(若草通エリア)、(※2)街市(若草通・一番街エリア)、

   (※3)20祭inDoまんなか(若草通・一番街エリア)

 

6  補助金額

    補助対象経費の全額(上限10万円/1エリア)※千円未満切り捨て

  ※1エリア(若草通、別府街区公園、一番街のうち一つ)を1団体で運営する場合、原則として上限10万円としますが、内容や運営方法を確認し、商店街や関係者で組織する連絡会の意見を聞いて判断します。

 

 

 

 

カテゴリー

地図

このページのトップに戻る