宮崎市

ホームくらし・手続き消防・防災お知らせ弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

 今般、北朝鮮によるミサイルの発射や核実験の可能性など、朝鮮半島における緊張感が高まっています。市民の皆さまも、日頃から、政府や自治体が配信する情報に十分注意してください。

 有事の際の対処方法をお知らせしますので、日頃からの緊急連絡が入るための備えと、冷静な対応をお願いいたします。

 

1.情報の収集について

(1)弾道ミサイルが発射され、万が一、宮崎市に影響を及ぼすと政府が判断した場合には、数秒で国からJアラート(全国瞬時警報システム)による情報伝達が行われ、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージが流れます。

 また、テレビ、ラジオで緊急速報が配信されるほか、市民の皆様への携帯電話等に、緊急速報メール等で緊急情報が配信されます。

 お持ちの携帯電話・スマートフォンが、緊急速報メール等を受信できるかどうかの確認手順と、受信できない(又は受信できるか分からない)場合の対策はこちらをご覧ください。

 

(2)宮崎市においても防災メールなどで、市民の皆さまに必要な情報をお知らせします。

 

2.緊急情報が発令された場合の対応

 緊急情報が流れたら、直ちに以下の行動をとってください。

(1)屋外にいる場合

 ・近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。

 ・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

 

(2)屋内にいる場合

 ・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

弾道ミサイル落下時の行動について

 弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

 

3.関連リンク

 

 弾道ミサイル落下時の行動について情報が掲載されていますのでご覧ください。

 ・宮崎県ホームページ

 ・内閣官房国民保護ポータルサイト

 ・内閣官房国民保護ポータルサイト【北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について】

 ・内閣官房国民保護ポータルサイト【北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達に関するQ&A】

カテゴリー

このページのトップに戻る