宮崎市

犬の返還手続き

犬の飼い主には、狂犬病予防法により登録及び鑑札の飼い犬への装着、また県犬取締条例により飼っている犬の係留がそれぞれ義務付けられています。

飼っている犬を逃走させたり、みだりに放し飼いしたりすることは、法令違反であり、さらに人に危害や器物への損害を与えたときには損害賠償へつながり刑事、民事事件の対象となることもあります。

このことをふまえ、飼っている犬を逃走させたり、放し飼いしたりしないようにしましょう。

返還の手続きの流れ

犬が行方不明になった

すみやかに犬が行方不明になったことを動物愛護センターや警察に届け出ましょう。

犬の発見

徘徊していたり、市民の方が保護した犬を動物愛護センターで保護収容します。

飼い主による犬の確認

保護されている犬が飼い犬であるかの確認を飼い主自身で行っていただきます。

返還手続き、返還手数料の支払いと犬の返還手続き済書の受領

保護されている犬が飼い犬であった場合には、返還の手続きと返還手数料の支払いが必要です。
手続き後に返還手続き済書をお渡しします。

犬の受け取り

返還手続き済書を持って保護収容されている場所で飼い犬をお受け取り下さい。
なお、犬をつなぐリードは必ずご持参下さい。

通常、保護期間は、7日間となっています。
土日及び祝祭日は、飼育管理料の加算対象となります。

返還手数料

保護日より 返還手数料 飼育管理料 合計
当日 4,110 430 4,540
2日目 4,110 860 4,970
3日目 4,110 1,290 5,400
4日目 4,110 1,720 5,830
5日目 4,110 2,150 6,260
6日目以降 4,110 注1 注1

注1 5日目以降は1日経過するごとに430円づつ加算

カテゴリー

地図

このページのトップに戻る