宮崎市

ホーム産業・事業者農林水産業農業宮崎市の葉たばこ生産状況

宮崎市の葉たばこ生産状況

宮崎市は葉たばこの大産地

宮崎市は、平成20年度までは全国1位の作付面積を誇っており、平成25年度は全国第4位の国内有数の葉たばこの産地です。また、宮崎県はタバコ販売実績第6位です。(平成25年度)

宮崎市の葉たばこ生産実績
区分 平成24度 平成25年度 平成26年度
耕作者数(人) 耕作面積(ha) 耕作者数(人) 耕作面積(ha) 耕作者数(人) 耕作面積(ha)
宮崎・佐土原 31 60.2 30 59.2 30 58.7
南宮崎 54 110.6 53 106.5 53 104.1
田野 87 212.2 87 206.7 86 203.5
高岡 3 7.8 3 7.7 3 7.7
175 390.8 173 380.1 172 374.0

葉たばこの畑の写真

「葉たばこ」は、土地利用型農業の盛んな田野町域を中心に生産されています。しかしながら、近年の気象災害による疫病等の発生により、減収を余儀なくされています。また、健康増進法の施行に伴い、建物内での全面禁煙、分煙が進み、消費量が減少しております。このため、平成23年には大規模な廃作が行われました。このような中、生産者は、安定的な耕作技術の確立・定着を習得し、さらなるレベルアップを図って足腰の強い担い手農家を目指しています。

カテゴリー

このページのトップに戻る