宮崎市

ホーム産業・事業者農林水産業防疫・注意喚起高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例の発生について

高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例の発生について

鳥インフルエンザとは?

鳥インフルエンザは、A型インフルエンザウイルスが引き起こす鳥類の病気です。鳥に感染するA型インフルエンザウイルスをまとめて鳥インフルエンザウイルスといいます。

我が国の家畜伝染病予防法では、病原性の程度及び変異の可能性によって、高病原性インフルエンザ(HPAI)、低病原性鳥インフルエンザ(LPAI)及び鳥インフルエンザの3つに分類されています。

宮崎県ホームページ:(令和2年度)宮崎県内での発生に関する情報

 

宮崎市内の発生状況

第2例目:大字熊野

(12月20日、16時時点)
1  飼養状況:飼養羽数  約3.4万羽(肉用種鶏)
2  発生確認:12月18日(金)17:00
3  動員数(農場、埋却等)
【発生農場】
  第1班  約105名(県約70名、宮崎市約30名、国約5名) 
  第2班  約100名(県約70名、宮崎市約30名)
  第3班  約150名(県約110名、宮崎市約30名、国約5名、団体約5名) 
  第4班  約105名(県約60名、宮崎市約30名、国約5名、団体約10名)
4  10キロメートル区域内総農場数:7農場(うち3農場空舎)
5  消毒ポイント:位置図等
6  今後のスケジュール(最短の場合)
    搬出制限区域解除:1月4日(月)
    移動制限区域解除:1月11日(月)午前0時
7  防疫措置:12/20、8:20鶏の殺処分及び埋却終了。  同日15:00当該農場の防疫措置(農場内の清掃・消毒等) 完了。

宮崎県ホームページ:県内8例目(宮崎市)の事例について

第1例目:田野町甲

(12月17日、20:30時点)
1  飼養状況:飼養羽数  約12.6万羽(採卵鶏)
 (発生農場 約7万羽、関連農場 約5.6万羽)
2  発生確認:12月13日(日)19:30
3  動員数(農場、埋却等)

  • 発生農場
    第1班  180名(県 50名、自衛隊 130名)
    第2班  190名(県 35名、宮崎市 25名、自衛隊 130名)
    第3班    50名(県 45名、宮崎市 5名)
    第4班      0名
    第5班    40名(県 25名、JA 15名)
    第6班    10名(県 10名)
  • 関連農場
    第1班  100名(県 50名、宮崎市 25名、JA 25名)
    第2班  100名(県 40名、宮崎市 25名、JA 25名、国 10名)
    第3班    90名(県 30名、宮崎市 25名、JA 30名、国 5名)
    第4班  101名(県 36名、宮崎市 30名、JA 30名、国 5名)
    第5班    20名(県 5名、宮崎市 15名)
    第6班      5名(県 5名)

4  10キロメートル区域内総農場数:9農場(うち2農場空舎)
消毒ポイント(宮崎県ホームページ)
6  今後のスケジュール(最短の場合)
    搬出制限区域解除:1月1日(金)
    移動制限区域解除:1月8日(金)午前0時
7  防疫措置:12/17(木) 18時  農場の消毒作業が終了し、防疫措置完了。

宮崎県ホームページ:県内6例目(宮崎市)の事例について

宮崎市の取り組み

現在、養鶏農家に対し、鳥インフルエンザが発生・拡散しないよう、消毒薬を配布するなど、防疫の徹底を呼び掛けております。
また、発生した農場については、県をはじめとする関係機関と連携し、防疫作業等の対応を行います。
なお、発生農場周辺の道路などでは、消毒ポイントを設置しますので、ご協力をよろしくお願いします。

 

市民の皆様へ

  • 鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方では、ヒトに感染しないと考えられています。正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いいたします。
  • 野生の鳥は、餌が採れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうこともあります。野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。
  • 日常生活において野鳥などの排せつ物などに触れた後には、手洗いとうがいをすれば、過度に心配する必要はありません。
  • 野鳥の糞などが靴底や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれる恐れがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。
  • 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。
  • 死亡した野鳥などは、素手で触らないでください。また、同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡していたら、宮崎県もしくは宮崎市役所、宮崎市の各総合支所にご連絡ください。

 

相談連絡先など

  • 宮崎県 中部農林振興局 26-7280
  • 宮崎市 森林水産課 21-1919(夜間・休日 25-2111)
  • 宮崎市 高岡総合支所 82-1114(夜間・休日 82-1111)
  • 宮崎市 田野総合支所 86-1114(夜間・休日 86-1111)
  • 宮崎市 佐土原総合支所 73-1114(夜間・休日 73-1411)
  • 宮崎市 清武総合支所 85-1105(夜間・休日 85-1111)

市民の皆様には、鳥インフルエンザについて正しく理解していただき、根拠のない噂などにより混乱することがないよう、ご協力をお願いします。

本件に関する緊急のご連絡・お問い合わせは、下記にお願いします。

相談先一覧
相談事項 相談先 電話番号
鶏肉・鶏卵の安全性について 保健衛生課 29-5283
鳥インフルエンザの人への感染について 健康支援課 29-5281
鶏舎の防疫について 農業振興課 21-1781
衰弱している又は死亡している野鳥を見つけた場合について 森林水産課 21-1919

 

関連リンク

鳥インフルエンザに関する情報はこちらをご覧ください。

カテゴリー

このページのトップに戻る