宮崎市

ホーム産業・事業者入札・契約入札制度改正最低制限価格関係(令和5年1月4日改正)

最低制限価格関係(令和5年1月4日改正)

建設工事及び建設コンサルタント等業務委託の最低制限価格の設定は、令和5年1月4日以降に入札公告又は指名通知を行う案件から一部変更となります。

 

<令和4年12月28日までに入札公告又は指名通知を行う案件の最低制限価格の設定範囲>

  建設工事:予定価格の85%から90%   建設コンサルタント等:予定価格の75%から80%

 

1 設定対象

(1) 建設工事
                 設計金額が130万円を超えるもの。

(2) 建設コンサルタント等
                 設計金額が50万円を超えるもの。

2 設定範囲

(1)建設工事
         予定価格の85%から92%

(2)建設コンサルタント等

 ・測量業務   予定価格の75%から82%

 ・建築設計   予定価格の75%から80%

 ・建設コンサル 予定価格の75%から80%

 ・地質調査   予定価格の75%から85%

 ・補償コンサル 予定価格の75%から80%

※複数の業種で構成する案件については、それぞれの業種で算出した額の合計額とします。

3 算定式

   最低制限価格計算式 (PDF 75.3KB)

4 関係要綱

   低入札価格調査制度及び最低制限価格制度実施要綱 (PDF 169KB)

カテゴリー

このページのトップに戻る