宮崎市

医療費の自己負担割合

後期高齢者医療制度の、医療費の自己負担(一部負担金)割合は、「1割」または「3割」のいずれかになります。

毎年8月1日に前年の住民税課税所得により判定します。

3割(現役並み所得者)

同一世帯に属する被保険者の住民税課税所得が145万円以上
※同一世帯に複数の被保険者がいる場合は、全員が同じ割合になります。

1割

同一世帯に属する被保険者の住民税課税所得が145万円未満

 

ただし、住民税課税所得が145万円以上であっても、次のいずれかに該当する場合は、「1割」となります。

(1)被保険者が複数いる世帯

同一世帯の被保険者の合計収入額が520万円未満

(2)被保険者が1人の世帯

当該被保険者の収入額が383万円未満

(3)被保険者が1人の世帯であって、同一世帯に属する70歳以上75歳未満の人がいる世帯

当該被保険者および同一世帯に属する70歳以上75歳未満の人の合計収入額が520万円未満

(4)同じ世帯の被保険者全員が昭和20年1月2日以降生まれで、被保険者全員の「基礎控除後の総所得金額」の合計が210万円以下
 

令和4年10月1日から2割負担が新設されます

詳しくは医療費の自己負担割合の見直しについてをご覧ください

カテゴリー

このページのトップに戻る