宮崎市

ホーム健康・福祉高齢福祉いきいきとした毎日を送る認知症サポーター養成講座の開催について

認知症サポーター養成講座の開催について

認知症サポーター養成講座の開催について

本市では、認知症になっても誰もが安心して暮らせるまちを自分たちでつくっていくため、皆さんのお近くで「認知症サポーター養成講座」を開催します。

認知症サポーターとは?

認知症についての基本的な知識を持ち、認知症高齢者本人やその家族の「身近な理解者」や「見守りの担い手」として活動する人のことをいいます。講座を受講された方には、「認知症サポーターカード」をお渡しします。

認サポカード.jpg

認知症サポーターの活動とは?

活動は何かを特別にやってもらうものではありません。街で困っている認知症の方を見かけたら声をかけるなど、その方のできる範囲で活動していただきます。

講師はどういう人が行うの?

県や市の主催する「認知症キャラバン・メイト養成研修」を受講した「キャラバン・メイト」が講師になります。「キャラバン・メイト」とは、県や市の主催する専門の研修を受講し、認知症に対する正しい知識と具体的な対応方法等を習得した方です。

講座の内容は?

・認知症の基本的な知識・症状とその支援

・認知症の人と接する時の心がまえ・介護をしている家族の気持ちを理解する

・認知症の人を守るには(成年後見制度など)

・社会資源について

 などの内容を1時間半程度で構成します。

認知症サポーター養成講座を開催するのはなぜ?

宮崎市では、認知症の理解、対応、また地域資源の活用などを広く普及啓発することにより、認知症の本人と家族を支えるまちづくりを目指しています。
現在、講座を開催している団体は、各地域住民や小学校・中学校・高校・専門学校、企業、金融機関、警察署や地域等で活動する各種団体等です。

認知症サポーター養成講座を開催するには?

10名程度の受講者が集まれば講座が開催できます。

1.下記の「認知症サポーター養成講座出前講座申込書」にて、申し込みください。

2.希望日に合わせて、打合わせ等をさせていただきます。

3.講座の開催通知を送付いたします。

キャラバン・メイトの皆さんへ
キャラバン・メイトの役割

キャラバン・メイトは認知症サポーターを養成する「認知症サポーター養成講座」を開催し、講師役を務めていただく人です。
<役割>
    地域の方や職場等で認知症サポーター養成講座の開催を呼びかける。
    受講団体と講座について打ち合わせし、企画する。
    開催計画表や実施報告書の提出。
    講師として、認知症サポーター養成講座を運営する。

カテゴリー

このページのトップに戻る