宮崎市

ホーム健康・福祉健康・保健衛生感染症の予防風しん追加的対策(抗体検査・予防接種)を実施します

風しん追加的対策(抗体検査・予防接種)を実施します

風しんの追加的対策(抗体検査・予防接種)について

国内での風しん罹患率の増加から、現在実施している乳幼児及び妊娠を希望する女性等を対象とした

風しん対策に加えて、これまで公的な予防接種を受ける機会がなかった、昭和37年(1962年)4月2日

から昭和54年(1979年)4月1日の間に生まれた男性への追加的対策として抗体検査と予防接種を実施します。

 

対象者

抗体検査時、予防接種実施時に宮崎市に住民票がある。

昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日の間に生まれた男性。

※ すべての対象者に、すでにクーポン券を送付しております。

 

実施期間

令和元年8月1日から令和4年3月31日まで

※ 一部の方(1972年4月2日~1979年4月1日の間に生まれた方、および平成31年度に発行したクーポン券には、有効期限が2020年3月と記載されていますが、使用期限が延長されましたので、そのままご使用ください。

 

費用

抗体検査、予防接種ともに無料

 

実施医療機関

下記の厚生労働省のホームページに全国で受けられる医療機関の一覧表が掲載されております。

令和2年度宮崎市風しん抗体検査および予防接種実施医療機関.pdf (PDF 414KB)

厚生労働省の風しんの追加的対策ホームページ(全国医療機関)

※医療機関に事前に対応可能な時間帯をお問合せいただいた上で、受診してください。

※風しんの抗体検査は、事業所健診の機会にクーポン券を提示することで受けられる場合があります。

 希望する人は、勤務先の事業所健診の担当者、または、検診機関にお問い合わせください。

 

実施方法

風しん抗体検査

風しん抗体検査フロー図.png

1 宮崎市に住民登録がある対象者にはクーポン券が届きます。

  ・令和元年度は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に発送します。

・クーポン券がないと無料で抗体検査を受けることが出来ません。

・上記対象者の方で、抗体検査を希望しクーポン券がない場合は、

 健康支援課へお問合せください。

2 実施医療機関に事前に連絡し、日程等の調整を行ってください。

・特定健診や事業所健診を実施医療機関が行っている場合は、

 健診を活用して抗体検査ができます。

3 クーポン券、運転免許証や保険証といった現住所が確認できるものを持って

 実施医療機関を受診します。

・抗体検査時において宮崎市に住所を有していることが必要です。

 転出などにより住民登録地が宮崎市以外となる場合は、新しい住民登録地で

 クーポンの発行が必要になります。

4 医療機関で受診票を記入し、抗体検査(血液検査)を受けます。

※抗体検査の結果については、後日通知されます。

 この際、医療機関から交付された検査結果の書類は、予防接種時に

 必要になりますので、大切に保管してください。

風しんの第5期の定期接種の対象となる抗体価基準.pdf (PDF 78.4KB)

風疹第5期予防接種

1 抗体検査結果から、十分な量の風しんの抗体がないと判定された

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性

2 実施医療機関に事前に連絡し、日程等の調整を行ってください。

3 クーポン券、運転免許証や保険証といった現住所が確認できるものを持って

 実施医療機関を受診します。

・接種時において宮崎市に住所を有していることが必要です。

 転出などにより住民登録地が宮崎市以外となる場合は、

 新しい住民登録地でクーポンの発行が必要になります。

4 医療機関で予診票を記入し、予防接種を受けます。

風しん予防接種について【説明書】.pdf (PDF 119KB)

 

関連情報

風しんの追加的対策について(厚生労働省)

 

 

 

カテゴリー

このページのトップに戻る