宮崎市

特定疾病(人工透析等)の治療費

厚生労働大臣が指定する以下の特定疾病で診療を受ける人は、「特定疾病療養受療証」(申請により交付)を病院等窓口に提出すると、病院ごとの1か月の⾃⼰負担限度額は1万円(70歳未満で所得区分ア・イの方は2万円)までとなります。

  • 先天性血液凝固因子障がいの一部
  • 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症
  • 人工透析が必要な慢性腎不全

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 特定疾病認定申請書(XLS 30KB)(医師の意見書のあるもの。ただし、新規に国保に加入されるとき、すでに他の保険者の特定疾病療養受療証をお持ちの人は、同証を提示すれば医師の意見書は不要です。)

※国民健康保険から後期高齢者医療制度に加入したときは、再度、申請手続きが必要です。

申請様式

受付窓口

平⽇の午前8時30分から午後5時15分まで(⼟・⽇曜⽇、祝・休⽇、年末年始を除く)

  • 国保年⾦課 給付係(市役所第二庁舎1階)
  • 各総合⽀所地域市民福祉課(佐⼟原・⽥野・⾼岡・清武)

カテゴリー

このページのトップに戻る