宮崎市

ホーム健康・福祉国民健康保険国民健康保険の仕組み国民健康保険の都道府県単位化について

国民健康保険の都道府県単位化について

「持続可能な医療保健制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」
(平成27年5月27日成立)により、
平成30年度から、国民健康保険の財政運営主体が市町村から都道府県に変わり、
安定的な財政運営や効率的な事業の確保など、
国民健康保険運営の中心的な役割を担い、制度の安定化を目指すことになりました。

 

国保の加入・脱退や給付等の窓口は、
平成30年度以降もこれまでと変わらず、市町村の窓口です。

 

関連書類

(チラシ)平成30年4月から国民健康保険制度が変わります.pdf (PDF 1020KB)

このチラシでは、国民健康保険の制度改革について説明しています。

このページのトップに戻る