宮崎市

ホームくらし・手続き地域活動東大宮東大宮地域自治区の概要

東大宮地域自治区の概要

1.地域の紹介

東大宮地域自治区は、平成21年6月に「大宮地域自治区」から分離独立し、誕生しました。当地域自治区は、宮崎市中心部から約5km北側に位置し、地域のほぼ中心を市道大島通線が南北に縦断、市道下北方通線が東西に横断しています。宮崎北バイパス線、主要地方道宮崎島之内線山崎街道も近隣にあり利便性の良い地域です。地域内には南北に縦断する新別府川が流れており、地域住民が堤防の除草や清掃、シンボル化事業の実施を行っています。

 

2.区域

条例上の区域:大島町、波島1~2丁目、東大宮1~4丁目、村角町、桜町

条例上の区域は異なるが東大宮地域でまちづくり活動を行う自治会
自由ヶ丘団地・火切塚・花ヶ島ニュータウン・北花ヶ島団地・神宮駅東団地・大将掘・花ヶ島(※花ヶ島については東大宮中学校区、大宮中学校区に両方に係るため、東大宮地域、大宮地域の両方で活動しています。)

東大宮

3.人口(H30.10.1現在「住民基本台帳」より
(町名が大島町、波島1~2丁目、東大宮1~4丁目、村角町、桜町の範囲)

  • 地域内人口15,723人男性7,441人女性8,282人)
  • 高齢化率26.6%
  • 世帯数7,141世帯

 

4.文化財

  • 高屋神社神楽(村角町)宮崎市指定「無形民俗文化財」指定日:平成28年3月3日
  • 大島神社神楽(大島町)

 

5.東大宮地域事務所

東大宮地域事務所紹介

 

カテゴリー

このページのトップに戻る