宮崎市

ホームくらし・手続き地域活動清武清武地域自治区の概要

清武地域自治区の概要

 

1.はじめに(区域の概要)

清武町の位置図

清武地域自治区は、宮崎県の中南部に位置しています。

黒潮が流れる太平洋まで4km、地域内の小高い丘からは青く広がる日向灘を望むことができます。

宮崎ブーゲンビリア空港まで自動車で10分、宮崎港まで30分、宮崎自動車道と東九州自動車道とを結ぶ清武ジャンクション、そして東九州自動車道の清武インターチェンジや清武南インターチェンジが近くにあり、交通の便にも恵まれています。

清武地域は、温暖な気候と古い伝統に育まれ、緑豊かな農林業の盛んな町として栄えてきました。現在は宮崎学園都市として木花地区と共に発展しており、多くの大学施設が集中しています。また、工業団地が整備されたことや、宮崎市のベッドタウンとして、著しい人口の増加が見られ住宅団地の開発も進み、更に発展を続けています。

地域内には、日向夏や千切大根、漬物など自然豊かでバラエティーにとんだ多くの特産物があります。また、幕末の大儒安井息軒の旧宅や、船引の大楠、船引神楽、県内で初めて送電を開始した黒北発電所等、国・県から指定を受けた史跡等も数多く残っています。

このような中、住民のスポーツ・レクリエーションの核となる総合運動公園、文化の発信地となる宮崎市清武文化会館、また九州自動車道や東九州自動車道を拠点として、教育・文化や住環境の充実を図りながらまちづくりを進めています。

平成22年3月23日に清武町と宮崎市が合併し、旧町域を区域として清武町合併特例区が設置されました。合併から5年経過後の平成27年3月22日に合併特例区の設置期間が満了し、翌日から清武地域自治区となっています。

2.区域のデータ

1. 世帯数、人口及び男女別内訳(令和2年4月1日現在)

世帯数、人口及び男女別内訳
世帯数 人口
13,321世帯 28,524人 13,876人 14,648人

2.面積

47.81平方キロメートル

 

カテゴリー

このページのトップに戻る