宮崎市

ホームくらし・手続き地域活動地域自治区・まちづくり宮崎市は、令和5年以降も20歳を対象に成人を祝う式典を開催します。

宮崎市は、令和5年以降も20歳を対象に成人を祝う式典を開催します。

宮崎市の成人式について

 元日から成人の日までを「宮崎市の新成人を祝う期間」と定め、毎年この期間に中学校区ごとの実行委員会で成人式を開催し、市民をあげて新成人を祝福しています。

 

成年年齢引下げ後の宮崎市成人式について

 令和4年(2022年)4月に改正民法が施行され、成年年齢が18歳に引下げられます。
 本市では、令和5年(2023年)以降も、現行どおり20歳を対象に、成人を祝う式典を開催します。

 なお、式典の名称は「成人式」から「(仮称)20歳(はたち)の集い」とし、20歳の節目にふさわしい名称を今後決定します。

【20歳を対象とした理由】
 ・18歳を対象とした場合、対象者の多くが進学や就職等の進路の選択に関わる重要な時期であるため。
 ・18歳を対象とした場合、新成人が成人式実行委員会に参画することは困難であると考えられるため。
 ・令和2年宮崎市成人式の各地区成人式実行委員会や新成人、その保護者等を対象にアンケートを実施した
  結果、全体の82%(新成人の92%)が20歳での開催を希望されたため。
 ・飲酒や喫煙等の法律上の制限がなくなるのは20歳であることから、成人としての自覚を改めて促す機会と
  するため。

カテゴリー

このページのトップに戻る