宮崎市

ホームくらし・手続き消防・防災住宅の耐震対策わが家の地震危険度チェック

わが家の地震危険度チェック

わが家の地震危険度チェック

住宅の内外の危険個所を把握して事前に対処しておくことは、建物の耐震性の確保と並んで重要な地震対策です。

屋内では

出入り口や通路には物を置かない

安全に避難するための通路を確保するため、できるだけ物を置かない。また、いろいろな物を置くと、いざというときに出入口をふさいでしまうことも。

玄関の画像

家の中に家具のない安全なスペースを確保する

部屋が複数ある場合は、人の出入りが少ない部屋に家具をまとめて置く。無理な場合は、少しでも安全なスペースができるように配置換えを。

安全なスペースの画像

家具の転倒や落下を防止する対策をとる

家具と壁や柱の間に遊びがあると倒れやすく危険です。また、家具の上に落ちる危険のあるものをおかないようにしてください。

たんす

上下2段のタイプのものは、平型金具で連結する。

タンスの画像

金具の利用

背の高い家具はL型金具などで鴨居などに固定する。

金具の画像

寝室や子ども部屋には背の高い家具などを置かない

就寝中に地震が発生した場合、子ども、高齢者、病人などは倒れた家具が妨げとなって逃げ遅れる可能性があるので十分に注意を。

屋外では

屋外の画像

このページのトップに戻る