宮崎市

ホームくらし・手続き税金軽自動車税軽自動車税に関するよくある質問

軽自動車税に関するよくある質問

Q 軽自動車を廃車にしたのに、納税通知書が届きました

A 廃車されたのはいつですか?軽自動車税は毎年4月1日現在で所有している人にかかります。そのため、4月2日以降に廃車してもその年の税金は納めていただくことになります。自動車税と異なり月割課税制度がありませんので、月割で還付することはできません。
もし、業者などの代理人に廃車を頼まれたのであれば、いつ届け出を行ったのかを確認してください。

Q バイク(原付)を人に譲ったのですが、納税通知書が届きました

A 名義変更の手続はされましたか?手続はいつされましたか。軽自動車税は毎年4月1日現在で所有している人にかかりますので、名義変更の手続をしたのが4月2日以降であれば、旧所有者に対してかかります。
まだ、手続がお済みでなければ、早めに市民税課又は各総合支所・各地域センターで手続を済ませてください。

Q バイク(原付)が盗難に遭い、ナンバープレートもありません。どうしたらいいですか?

A まず、警察に盗難届を出してください。
その後、市民税課又は各総合支所・各地域センターで廃車の手続をしてください。(印鑑、盗難届の受理番号が必要)。そのままにしておかれますと、いつまでも税金がかかることになります。もし、バイク(原付)が見つかったときにナンバーが付いていれば、市民税課又は各総合支所・各地域センターに返納して ください。

Q 宮崎市以外のナンバーが付いているバイク(原付)を譲ってもらったのですが、どうしたらいいですか?

A ナンバープレートを外し、車台番号をお調べのうえ、譲渡証明書(譲る人の住所、氏名、電話番号、押印されたもの、「○○さんへバイクを譲ります」と記載されたもの)とナンバープレートと印鑑を持って市民税課または各総合支所・各地域センターへお越しください。宮崎市のナンバーを交付いたします。

Q 125ccを超えるバイクを県外の人に譲渡したのですが、軽自動車税について必要な手続がありますか?

A 125cc超250cc以下のバイク(軽二輪車)又は250cc超のバイク(二輪の小型自動車)については、県外へ転出した場合や県外の人に譲渡した場合、現地の運輸支局で変更の手続を行なうことになります。その際、併せて軽自動車税申告書を宮崎市の市民税課にも提出してください。この申告書が届かない場合は、宮崎市で軽自動車税が課税されたままになります。
手続を業者等に依頼する場合も含めて漏れがないように確認をしてください。

カテゴリー

このページのトップに戻る