宮崎市

合流式下水道緊急改善1

合流式下水道の課題を一部改善しました

合流式下水道とは?

下水道は、排除方法により、合流式下水道と分流式下水道の2つの種類に分けられます。

合流式下水道

合流式下水道のイメージ図

 

合流式下水道は、汚水と雨水を同じ配管(合流管)で排除する方式です。
お風呂・便所・台所などの汚水と、屋根の雨どいや道路に降った雨水などの雨水をまとめて同じ配管で排除します。
この方式は、トイレの水洗化と大雨による浸水対策を同時に進めることができ、下水道を早急に普及させることに優れている為、宮崎市では、当初の下水道事業を進める際に採用されました。

合流式下水道の特徴

  • 一般的に建設コストが安価
  • 処理能力を超える雨が降ったときに、雨水に混じった下水が未処理で河川に放出される

分流式下水道

分流式下水道のイメージ図

分流式下水道は、汚水と雨水を分離し、汚水管と雨水管の別々の配管で排除する方式です。
お風呂・便所・台所などの汚水は、汚水管。屋根の雨どいや道路に降った雨水などは、雨水管。と別々に排除します。

分流式下水道の特徴

  • 別々に排除されるため、大雨時でも汚水が適正に処理される
  • 雨水が、道路の側溝などを通じて河川に放出される

宮崎市では、環境保全の面で分流式が優れていることから、現在、分流式で整備を進めています。

カテゴリー

このページのトップに戻る