宮崎市

ホーム市政情報財政・行政改革行政改革[令和2年度~] 「公有財産(土地・建物)を活用した新たな歳入確保の可能性」に関する対話型市場調査(サウンディング)の参加者を募集します

[令和2年度~] 「公有財産(土地・建物)を活用した新たな歳入確保の可能性」に関する対話型市場調査(サウンディング)の参加者を募集します

※本調査は、当初令和元年度(令和2年1月10日~3月13日)に実施しましたが、その中で多数の有益なご意見・ご提案をいただいたため、今後は期間を定めずに通年で実施していきます。

※添付資料等のデータについては、随時最新の情報に更新いたします。

 

1 実施目的

 サウンディング調査とは、事業の検討段階による「対話」を通じ、民間事業者から広く意見・提案を求め、民間事業者のアイデアや市場性の有無について把握する調査のことです。

(なお、今回の調査は、以下の図の「1事業発案」の段階と位置付けています。)

 

サウンディングの図.jpg

 

 今後、市として更なる歳入確保の可能性を検討していくにあたり、公有財産(土地・建物)を活用して、例えば、「ネーミングライツ」や「広告事業」、「未利用地の売却・貸付」などについて、民間事業者の皆様との対話を通じて、今後の事業化の可能性を検討することを目的としています。

調査目的の図.jpg

対象項目

項目

概要等

対象事業

(1)ネーミングライツ  (2)広告事業

(3)未利用地の売却・貸付(※詳細は別ページへ)

(4)その他(土地・建物を活用した新たな歳入確保事業)

調査対象 市役所の全ての公有財産(土地・建物)を対象
対象者 全ての事業者を対象(業種指定はせず、幅広く提案募集)

 

 

2 実施スケジュール

・調査(個別対話)の実施期間:期間を定めずに、通年で実施します。

  都合の良い日時で30分~1時間程度、宮崎市役所で対話させていただきます。

・調査結果概要の公表:適宜、公表します。

 

3 申込方法

・参加を希望される場合には、以下の「06【様式1】個別対話参加申込書」を記入の上、メール又はFAXにて提出をお願いします。

メールの場合のタイトルは、「個別対話参加申込書」として下さい。

 

4 関係資料等

00 実施要領「公有財産(土地・建物)活用した新たな歳入確保」サウンディング調査 (PDF 115KB)

01【別紙1】案件概要 「公有財産(土地・建物)活用」.pdf (PDF 143KB)

02【別紙2】年間利用者数が多い公共施設一覧 (PDF 377KB)

(年間利用者数が多い20施設を抜粋した資料)

03【別紙3】主な広告事業実績 (PDF 24.3KB)

(主な広告事業の導入実績を抜粋した資料)

04-1【別紙4-1】宮崎市役所における未利用地一覧(R3.6.10一部変更) .pdf (PDF 44.1KB)

(未利用地の一覧表)

04-2【別紙4-2】宮崎市役所における未利用地の詳細(R3.6.10一部変更).pdf (PDF 19.5MB)

(別紙4-1に示した未利用地の詳細情報)

※未利用地の売却・貸付の詳細内容については、別ページへ

05【別紙5】令和元年度の調査結果【概要】 (PDF 97.1KB)

06【様式1】個別対話参加申込書.docx (DOCX 11.9KB)

 

※変更履歴(随時更新)

(1)令和2年10月20日

・未利用地に関する資料【別紙4-1】【別紙4-2】について、以下のとおり記載内容を変更しました。

 ⇒物件番号10:入札済み、物件番号17,22:売却済み、物件番号29:売却中

・【別紙4-2】について、以下のそれぞれの物件番号のページに記載されている内容の一部を変更しました。

 ⇒物件番号5,6,7,9,11,12,18,19,23,29

(2)令和2年12月11日

・未利用地に関する資料【別紙4-1】【別紙4-2】について、以下のとおり記載内容を変更しました。

 ⇒物件番号10:売却済み、物件番号24:売却中

(3)令和3年5月1日

・未利用地に関する資料【別紙4-1】【別紙4-2】について、売却済みの物件を削除しました。

(4)令和3年6月10日

・未利用地に関する資料【別紙4-1】【別紙4-2】について、売却済みの物件を削除しました。

 

カテゴリー

このページのトップに戻る