宮崎市

ホーム子育て・教育手当・助成ひとり親家庭医療費助成制度

ひとり親家庭医療費助成制度

この制度は、ひとり親家庭等に対して、保険診療内の医療費の一部を助成することで、経済的な負担の軽減と、健康と福祉の増進を図るものです。

対象者

宮崎市に住所があり、健康保険に加入し、次のいずれかに該当する人が対象です。

  1. ひとり親家庭の父又は母(20歳未満の者を扶養している人)
  2. ひとり親家庭・父母のない18歳未満の児童
    • (18歳になって最初の3月31日まで)

《注意》ただし、次の人は対象となりません。

  1. 生活保護の医療扶助を受けている人
  2. その他法令による医療費の全額給付を受けることができる人
  3. 未就学児
  4. 重度心身障害者医療助成を受けている人
  5. 前年の所得が規定の所得制限額を超えている人

助成内容

令和2年4月以降受診分の助成内容
区分 未就学児 小中学生 小中学生以外
入院 子ども医療優先
(無料)
保険診療分の全額 一部負担金合計
-(高額療養費・附加
給付金)-1,000/月
通院
薬局

※「子ども医療」とは、令和2年3月以前の「乳幼児医療」の新しい名称です。ひとり親医療の受給者証をお持ちのご家庭でも、未就学児のお子さんは、子ども医療の受給証を使うことになります。

《注意》保険診療分に対する助成となります。保険診療外のもの(入院時の食事代・室料差額、診断書等の文書料、各種検診料、薬の容器代等)は、助成されません。


詳しい給付方法は、下記「給付方法一覧」をご参照ください。
給付方法一覧.pdf (PDF 78.8KB)

受給資格者証については下記の【見本】をご覧ください。
【見本】ひとり親医療受給資格者証.pdf (PDF 240KB)

申請に必要なもの

  1. 健康保険証(対象者全員の原本)
  2. 印鑑(認め印でも可)
  3. 受給者名義の預金通帳
  4. 戸籍謄本(請求者、対象児童が記載され、ひとり親家庭になった理由が記載されているもの。)例)死別、離婚の記載等
  5. 子ども医療費受給資格証(小中学生)

※助成要件によって必要書類が異なります。詳しくは、子育て支援課母子父子支援係までお問い合わせください。

 

資格更新手続(現況届)について

ひとり親家庭等医療費助成の受給資格は、毎年8月1日~31日の間に、資格更新の手続を行う必要があります。

手続が完了してない場合、11月以降の資格が停止になりますので、期間内の手続をお願いします。

手続の方法

(1)オンライン申請      

        現況届の案内文を送付した際、オンライン申請が可能な方のみ、申請方法を記載した文書を同封しています。

    ※申請期間は終了しました。期間が過ぎてからの現況届は、子育て支援課窓口へお越しください。

(2)窓口での手続

      以下の書類を持参し、子育て支援課へお越しください。

   ・現況届案内文書

   ・受給者、対象児童の保険証

   ・年金証書、決定通知書等(年金受給者のみ)

   ・その他必要書類(該当の方は、現況届案内文書に同封されています)

   ・本人確認できるもの(免許証 等)

現在受給中の方へ

次のような場合は、届出が必要となります。
届出事由 届出名
住所を変更したとき

受給資格変更届

氏名が変わったとき
健康保険証が変わったとき(※1)
支払金融機関を変更するとき
支給要件が変わったとき
本人や同居の扶養義務者の所得更正をしたとき
所得の高い扶養義務者と別居となったとき
所得の高い扶養義務者と同居となったとき 受給資格喪失届
子どものみ市外へ転出するとき
対象の児童が減ったとき
対象の児童が増えたとき 交付申請書
資格者証を再交付したいとき 再交付申請書
資格の更新(毎年8月) 現況届

(※1)健康保険証の変更のみ、郵送での申請が可能です。下記の様式をダウンロードして記入のうえ、受給者全員分の健康保険証の写しを添付してご提出ください。
健康保険証変更届(郵送用).pdf (PDF 39.9KB)
健康保険証変更届(郵送用)記入例.pdf (PDF 45.3KB)

 

ひとり親家庭等医療費助成申請書保管料について(医療機関向け)

令和4年度後期(R4.4月~R4.9月回収分)の保管料請求については、下記URLからお手続きください。

https://logoform.jp/form/HxnK/162669

 

カテゴリー

このページのトップに戻る