宮崎市

ホームくらし・手続き消費生活クーリングオフ制度

クーリングオフ制度

クーリング・オフ

「Cooling Off」とは、もともとは頭を冷やすという意味です。

この制度は、消費者が自宅など営業所以外の場所で契約する場合、セールスマン・販売員等の強引な勧誘により、自分の意思がはっきりしないままに契約の申込み・締結をしてしまうことがあるため、消費者が頭を冷やし再考するための機会を与えるために導入された制度です。クーリング・オフ期間内であれば、消費者は、損害賠償または違約金の請求を受けることなく、申込みの撤回や契約の解除を行うことができます。ただし、この制度は、訪問販売や電話勧誘販売など特定の取引が対象で、すべての契約に使えるわけではありません。また、クーリング・オフできる期間も定められていますから、その期間を過ぎてしまうとクーリング・オフできないので注意が必要です。

クーリング・オフのできる期間

  • 訪問販売 8日間
  • 電話勧誘販売 8日間
  • 特定継続的役務提供 8日間(エステ、語学教室、学習塾、家庭教師、パソコン教室、結婚紹介サービス)
  • マルチ商法 20日間
  • 業務提供誘引販売取引 20日間 (内職・モニター商法)

クーリング・オフの手続き方法

  1. クーリング・オフ期間内に書面で通知する。
    (期間が8日間の場合、8日目に出してよい)
  2. クレジットを利用した場合は、クレジット会社にも通知する。
  3. 書いた書面は両面をコピーして控えとして保管する。
  4. 特定記録郵便(160円)で郵便局から出す。
  5. 商品は相手会社に引き取りにきてもらうか、着払いで返品できる。

クーリング・オフの書き方の例

クーリング・オフの書き方の例イメージ画像

カテゴリー

このページのトップに戻る