宮崎市

ホームくらし・手続きごみ・環境環境保全ホタルの保存地区

ホタルの保存地区

「宮崎市ホタル保存会」によるホタルの保存地区です。ホタルの生息環境の整備や保護を行っており、毎年ホタルの飛翔が確認されています。

※詳細な場所については、下記のダウンロードファイルをご覧ください。

宮崎市ホタル保存会一覧 (PDF 135KB)

ホタル保存地区マップ(Googleマップリンク) (PDF 1.25MB)

○ホタルの見られる時期

宮崎市で一番たくさん見られ、なじみが深いホタルは、「ゲンジボタル」です。他には、ヘイケボタル、ヒメボタルなどが見られます。

ホタルの種類やその年の気候によって見られる時期は多少違いますが、ゲンジボタルは5月上旬から6月上旬まで見ることができます。また、ゲンジボタルが一番活発に飛翔するのは、日没後から1時間程度です。

○ホタルを見るときのお願い

  1. 草むらに入らないようにしましょう
    周囲が暗いので、足場のわからない草むらに入らないようにしましょう。また、ヘビなどの危険な生き物がいますので注意しましょう。
  2. 懐中電灯や車のライトをホタルのいる場所に向けないようにしましょう。
    ホタルは、仲間同士のコミュニケーションに光を使います。明るい光を当てるとホタルの活動の妨げになります。
  3. ホタルを持って帰らないようにしましょう
    1年かけて成虫になったゲンジボタルは、草の葉についた夜露などの水を飲む程度で数日しか生きることはできません。来年もたくさんのホタルに会えるように、ホタルを持って帰ることはやめましょう。
  4. 観賞中の事故等には十分気を付けましょう
    事故等が発生しても市及び各保存会は責任を負いません。

○宮崎市ホタル保存会について

市は、豊かな水辺環境づくりを行うため、ホタルの保護を中心とした環境保全を行う団体を「ホタルの里づくりモデル地区及びホタル保存地区」に指定し、報償金の交付や団体間の親睦、情報交換を図るなどの支援を行っています。ホタルの保全活動にご協力いただける団体がございましたら、環境政策課までご連絡ください。

カテゴリー

このページのトップに戻る