宮崎市

外来種について

外来種・特定外来生物について

外来種とは

 もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から持ち込まれた生物のことを指します。
 海外から日本に持ち込まれた生物(国外由来の外来種)だけではなく、日本国内のある地域からもともといなかった地域に持ち込まれた生物(国内由来の外来種)も外来種にあたります。

 侵略的な外来種(環境省HP)

特定外来生物とは

okinkeigiku02.jpg

 外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)では、「海外から日本に持ち込まれた生物(国外由来の外来種)のうち、生態系などに被害を及ぼすもの」を特定外来生物として指定しています。
 飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外へ放つ、植える及びまくことを原則として禁止しています。

 特定外来生物一覧(環境省HP)

 画像:オオキンケイギク 出典:環境省ホームページ「日本の外来種対策

外来種被害予防三原則~侵略的外来種による被害を予防するために~

 各地に拡がってしまった外来種を取り除くには、たくさんの労力と時間を必要とします。外来種による被害を未然に防ぐ為に、私たち一人ひとりが外来種被害予防三原則を守ることが大切です。
 外来種に関わる際は、この原則を心にとめ、適切な対応とご理解・ご協力をお願いします。

1 悪影響を及ぼすおそれのある外来種を「入れない

 外来種問題を引き起こさないために、一番大切なことです。外来種を入れなければ問題は起きません。

2 飼育・栽培している外来種を適切に管理し「捨てない

 入れた外来種は、適切に管理(捨てない、逃がさない、放さない)しなければいけません。ペットや観葉植物は、最後まで管理する責任があります。

3 既に野外にいる外来種を他地域に「拡げない

 すでに野外に定着してしまっている外来種は、まだ定着していない地域に拡げないことが大切です。

外来種を見つけたら

 外来種を発見した場合、不明な点がある時は、宮崎県自然環境課までご連絡下さい。外来種被害予防三原則に基づき、適切な対応をお願いします。

 宮崎県自然環境課では、県内に侵入している外来種の情報を集めています。(参考:【ご協力ください!】外来種の情報を集めています(宮崎県HP)

宮崎市内でも外来種が目撃されています。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

カテゴリー

このページのトップに戻る