宮崎市

ホームくらし・手続きごみ・環境環境保全スズメバチの巣の駆除

スズメバチの巣の駆除

スズメバチの巣にご注意ください!!

毎年、夏から秋にかけてスズメバチによる刺傷被害が報じられています。
スズメバチの巣を見つけたら、巣に近づいたり、振動などの刺激を与えるようなことはせずに、近隣住民に注意喚起していただくとともに、巣ができている場所の所有者に連絡していだだきますようお願いいたします。
巣ができている場所の所有者は、近隣住民等に被害が及ばないよう、専門業者等に駆除依頼するなど早急に対処していただきますようお願いいたします。
なお、宮崎市では、下記条件に該当する場合に限って駆除を行なっています。

スズメバチの巣の駆除は、巣がある土地や建物の所有者または管理者の責任で行うのが原則です。
ただし、通行人等の安全を確保するため、以下の1~3の全ての条件を満たす場合に限り、市で駆除を行なっています。市に駆除の依頼をされる場合は、お電話にて環境部環境政策課衛生係(TEL 21-1751)へご連絡ください。※スズメバチ以外のハチ(アシナガバチ、ミツバチ等)は、駆除対象ではありません。
なお、土・日・祝日等閉庁時間は原則対応しておりません。市に駆除依頼される場合は、できるだけ人を巣に近づかせないようにして、開庁日に生活課へご連絡ください。
また、ご自身で駆除対応される場合(費用自己負担)は、電話帳(タウンページ)に掲載されている消毒業者など害虫駆除専門業者にご依頼することをおすすめします。

市で駆除対象とする条件

以下の1~3の全ての条件を満たす場合は、市で駆除を行います。

  1. スズメバチの巣で、一般住宅の家屋あるいは垣根等の施設ないし、敷地に営巣しているもの。(借家、集合住宅及び事務所については対象外)
    巣の特徴:ボール状で縞模様で出入口が一箇所、初期は、とっくりを逆さにした形
  2. 営巣場所が、不特定多数の市民が通行する公共道路、公園等の境界から2mの高さの位置を起点に概ね3m以内のもの。
  3. 施設ないし土地の所有者の同意が得られること。

過去にスズメバチに刺されたことがある方は、2度目に刺された場合、アナフィラキシーショックを引き起こす危険性がありますので、特にご注意ください。

 

駆除対象にならない場合

スズメバチの巣であっても条件を満たさない場合やアシナガバチやミツバチ等のスズメバチ以外の巣の場合は、市では対応しておりませんので、ご自身での対応となります。ご自身で駆除対応される場合は、電話帳(タウンページ)に掲載されている消毒業者など害虫駆除専門業者にご依頼されることをおすすめします。

また、春から夏にかけて庭木や軒先にたくさんのミツバチが集まっていることがありますが、これは分蜂によるものです。分蜂とは、一つの巣に新しい女王蜂が生まれた時、旧女王蜂が半数前後の働き蜂を引き連れて新しい営巣場所に引越しをすることです。その際になかなか新しい営巣場所が見つからない場合があり、一時的に木々や建物の壁などに一時的に群れでとどまることがありますが、一時的にとどまっているだけで、時間が経つと新しい営巣場所が見つかりミツバチはいなくなりますので、刺激を与えないようにすれば襲われることはほとんどありません。

カテゴリー

このページのトップに戻る