宮崎市

ホーム上下水道局水質管理水質管理の状況

水質管理の状況

市民の皆様に安全・安心でおいしい水をお届けするため、水道法で定められた毎日検査及び毎月検査を行っています。
また、浄水処理が適正に行われているかを確認するための浄水場水質試験、水源水質の状況を把握するための上流河川水質調査を実施するなど、水質管理に万全を期すよう努めています。(毎日検査及び毎月検査の詳細は下記を参照してください。)

毎日検査とは?
水道法に基づき、市内47箇所の給水栓(蛇口からの水)において、色、濁り及び消毒の残留効果に関する検査等について毎日検査員による水質検査を実施しています。
毎月検査とは?
水道法に基づき、毎月市内22箇所の給水栓において、水道水が法令で定められた水質基準に適合しているかについて水質検査を実施しています。

毎月および毎日検査箇所の地図についてはこちらです。

大淀川第一ダムの原水採取及び河川水採取の様子

左/大淀川第一ダムの原水採取 右/河川水採取
水道水源の水質保全対策としては、大淀川水系水質汚濁防止対策連絡協議会及び清武川水系汚濁防止協議会に参加し、関係機関に対する水質保全の要請、水質に関する情報交換、緊急連絡体制による水質事故への対応を実施しています。
蛍光顕微鏡による微生物検査及びガスクロマトグラフ質量分析計による農薬分析の様子

左/蛍光顕微鏡による微生物検査 右/ガスクロマトグラフ質量分析計による農薬分析

カテゴリー

このページのトップに戻る