宮崎市

申告と納税

申告について

その年の1月1日現在、市内に住所のある方は毎年3月15日までに申告が必要です。ただし、次の方は申告の必要はありません。

  • 前年中に所得がなかった方
  • 前年中の所得が給与所得のみで年末調整をされている方
  • 所得税の確定申告をした方

納税の方法

個人の市民税(県民税)を納めて頂くには、普通徴収と特別徴収の2つの方法があります。

普通徴収

事業などをしている方の場合、市が送付する納税通知書によって納めて頂きます。

普通徴収
納期 第1期 6月1日から6月30日
第2期 8月1日から8月31日
第3期 10月1日から10月31日
第4期 翌年1月1日から1月31日

特別徴収

給与所得者の場合は、給与の支払者 (会社など)が、市から通知された税額を毎月 (6月から翌年5月) の給与から天引きして納めることになっています。

納期
納期 天引きした月の翌月の10日まで

公的年金等の市・県民税の特別徴収

4月1日現在、65歳以上の公的年金受給者で、厚生年金、共済年金、企業年金などの公的年金等に対する市・県民税の納税義務がある方が特別徴収の対象になります。年金支給日に市・県民税を公的年金から差し引くことになります。

普通徴収と給与所得の特別徴収を同時に選択する場合

給与所得とそれ以外の所得がある方については、給与所得の市・県民税は特別徴収、それ以外の所得の市・県民税は普通徴収とに分けて納めて頂くことができます。

ただし、65歳以上の公的年金受給者で、上記の「公的年金等の市・県民税の特別徴収」に該当する方については、選択することができません。

カテゴリー

このページのトップに戻る