宮崎市

生ごみ減量チャレンジ

はじめに

燃やせるごみの約4割が生ごみで、その約8割は水分といわれています。生ごみが減ると、燃やせるごみを出す回数も重さも減りごみ出しが楽になります。

ちょっと手間をかけて家庭で出た生ごみを堆肥化するという『小さな循環』は、経済的で理想的なリサイクル方法です。

ステップ1 買いすぎない

買い物メモを持参しよう

冷蔵庫にメモを貼るなどして、必要なものを書き込み買い物に持って行きましょう。

空腹時はついつい買いすぎてしまいます。小腹を満たして買い物に行きましょう。

買い物しない日を作ろう

家にある材料だけで料理を作ってみましょう。腕の見せ所です。

ステップ2 作りすぎない・食べ残さない・使い切る

まだ食べられるのに捨てられている『食品ロス』が問題となっています。日本国内で、年間500万~800万トン発生しているといわれております。年間800万トンとした場合、日本人1人あたり、1日約200グラム(おにぎり2個分)の食料を無駄に捨てていることになります。

丸ごと使い切ろう

ジャガイモ、にんじんは、きれいに洗って皮をむかずにカレーや煮物に。大根の皮は、千切りにしてきんぴらにするとおつまみになります。

ステップ3 生ごみの水切りをしよう

[1]まず、ぬらさない

使わない部分は、洗う前に切り落としましょう。

[2]三角コーナーは、シンクの中に置かないようにしましょう。

水がかからない調理台にボウルなどを置いて生ごみを入れましょう。

[3]できれば、乾燥させる

ざるや新聞紙に広げて乾燥させたり、電動生ごみ処理機を使って乾燥しましょう。

ステップ4 生ごみを自家処理して堆肥化しよう

堆肥化には、いろいろな方法があります。ご自分に合った方法で無理をしないことが長く続けられる秘訣です。

生ごみ堆肥化を始める前に知っておきたいこと

生ごみ堆肥化のしくみ・・・

土の中には、1億~10億の微生物がいます。生ごみを混ぜると、微生物が生ごみを分解してくれます。

堆肥化できる生ごみは?

台所から出るほとんどの生ごみは堆肥化することができます。野菜くずや食用油、いりこなども良い堆肥になります。ただし、腐ったものは分解を妨げるほか虫の発生原因になりますので注意が必要です。

微生物の働きやすい環境を作りましょう

空気を必要とする好気性発酵と、空気を必要としない嫌気性発酵があります。

好気性発酵・・・地上タイプの生ごみ処理器、ダンボールコンポスト等

水分が多かったり、通気性が悪かったりすると悪臭やウジ虫の発生原因になります。乾いた土や米ぬかなどを加え水分調整をし、よくかき混ぜて空気を入れます。しかし、水分が少ないと分解しにくくなります。水分は50~60%湿り気を感じる程度です。

嫌気性発酵・・・屋内タイプの生ごみ処理(密閉容器)

空気が入らないように蓋をしっかり閉めましょう。

生ごみ処理機器の種類(使い方はPDFファイルをご覧ください)

好気性発酵

1.地上タイプ (PDF 236KB)

少し土に埋めて使います。土と生ごみを混ぜ、土中の微生物の働きによって生ごみを分解します。

地上型コンポスト
2.ダンボール (PDF 256KB)

ダンボール箱に、ピートモスもみ殻くん炭を入れたものに生ごみを混ぜ、微生物の働きによって生ごみを分解します。

ダンボールコンポスト
3.プランター (PDF 452KB)

プランターに、直接生ごみを混ぜ、土中の微生物の働きによって生ごみを分解します。

プランター
4.手作り (PDF 472KB)

ブロックで作ります。生ごみだけではなく剪定枝も入れることができます。土の中の微生物の働きによって分解し堆肥や腐葉土ができます。

手作りコンポスト
嫌気性発酵 5.屋内タイプ (PDF 254KB)

屋内で使用できます。生ごみに発酵資材(ぼかし)を混ぜることで、液肥・堆肥ができます。

屋内型バケツ
電動式 6.電動生ごみ処理機 (PDF 96.8KB)

【乾燥型】熱で乾燥させて1/5に減量します。堆肥としても使用できます。

【バイオ型】微生物の働きによって分解します。

電動生ごみ処理機
好気性発酵 7.その他の方法 (PDF 96.8KB) 花壇などでもできます。 その他の方法

さあ、今日からはじめてみましょう。

 

カテゴリー

このページのトップに戻る