宮崎市

ホームくらし・手続き新型コロナ新型コロナウイルス感染症に関すること

新型コロナウイルス感染症に関すること

患者確認状況・患者情報new.jpg 

新型コロナウイルス感染症患者確認状況new.jpg

お知らせ【令和4年9月26日】

令和4年9月26日より全国一律に全数把握の見直し(発生届の対象の限定)が行われ、県内の感染者数を宮崎県で集計することとなりました。これにより、市町村別の感染者数は公表できないことから、宮崎市における新規感染患者数の公表は9月25日判明分以降実施いたしません。

宮崎県内の感染状況については宮崎県ホームページにてご確認ください。(保健所ごとの新規感染症患者数の公表も県が一括で行っています。)

※全数把握見直しの概要についてはこちら
 

令和4年9月25日以前の市内の感染状況

 

患者数情報:9月25日(日)時点

    
患者数
9月24日(土)まで 78,923(2,717)
9月25日(日) 149(3)
合計 79,072(2,720)

※(  ):うち疑似症患者数

※欠番が生じているため、累計患者数と最終症例番号は一致しない

新型コロナウイルス感染症患者情報(過去分)

以前の感染者情報は以下のページからご確認できます。

新型コロナウイルス感染症患者情報(令和4年4月1日~令和4年9月25日)

新型コロナウイルス感染症患者情報(令和3年4月1日~令和4年3月31日)

新型コロナウイルス感染症患者情報(令和3年3月31日まで)

 

相談窓口

厚生労働省 電話相談窓口

電話番号  0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間  9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

新型コロナウイルス感染症受診・相談センター 

  • 受診や相談する医療機関に迷う場合は、以下に相談してください。
    新型コロナウイルス感染症の健康相談にも対応します。

     新型コロナウイルス感染症受診・相談センター(24時間対応)
    (0985)78‐5670
     
  • なお、地域で身近な医療機関は「みやざき医療ナビ」で探すこともできます。
    「みやざき医療ナビ」
    https://www.e-navi.pref.miyazaki.lg.jp/
  • 宮崎県が指定している発熱患者等に診療または検査を行う「診療・検査医療機関」の中で、公表に同意が得られた医療機関一覧についてはこちら

    「宮崎県新型コロナウイルス感染症対策特設サイト」
    https://www.pref.miyazaki.lg.jp/covid-19/utagai/soudan_jusin.html

  • 宮崎市・東諸県郡の日曜・祝日・年末年始の在宅当番医に関することについてはこちら
    https://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/health/disease/785.html

〈受診の際の注意点〉

・発熱等の症状が生じた場合で、受診の意向がある場合は、まずは地域で身近な医療機関(かかりつけ医等)に事前に相談しましょう。
・医療機関(かかりつけ医等)において、受診が可能な場合は、受診する時間帯や入口等を案内されますので、その指示に従って受診しましょう。
・医療機関から他の医療機関を案内される場合もありますので、案内された医療機関に事前に相談をした上で受診しましょう。
・電話せず受診することのないようにお願いします。
・医療機関から指示された時間や入口を厳守してください。
・マスク着用等の感染予防対策を徹底してください。
・公共交通機関の利用を避けてください。ご家族の方が自家用車で送迎をされる場合も窓を開けるなどの工夫をお願いします。
・2週間以内の県外滞在などの行動歴があれば伝えましょう。
・夜間や休日診療は急な病気や大けがなどの緊急性の高い患者のためにあります。発熱等のある場合は、平日、日中の受診を心がけましょう。

電話でのお問い合わせが困難な方へnew.jpg

聴覚障がい者や発話に困難のある方など、電話でのお問い合わせやご相談が困難な場合は、FAXやメールでの相談も受け付けておりますので、下記のFAX番号もしくはメールアドレスにご連絡ください。

FAX:(0985)41-5508

メール:[email protected]

新型コロナウイルス感染症に関する相談用紙 (XLS 16.5KB)
FAXやメールで相談をいただく場合は、こちらの相談用紙をご利用ください。


また、下記のサービスもございますので、必要時ご活用ください。
【電話での相談を行う場合や、緊急通報を要する場合】
  日本財団電話リレーサービス
 聴覚障害がい者等ときこえる人の電話を「手話」または「文字」と「音声」を通訳することにより、即時双方向につなぐことのできるサービス(24時間365日対応)

【医療機関受診時等に手話通訳者の同行が困難な場合】
  宮崎県遠隔手話サービス
  新型コロナウイルス感染症の疑いがあり医療機関受診や入院時など、手話通訳者の同行が困難な場合に、聴覚障がい者と手話通訳者が対面せず、離れた場所でスマートフォンやタブレット等のテレビ電話を使って手話通訳が可能なサービス

新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルスワクチン接種

新型コロナウイルスワクチン接種の関連情報については、「宮崎市新型コロナワクチン特設サイト」をご覧ください。

 

感染予防方法について

効果的な換気

新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止のためには、空気の入れ換えなど換気がとても大事となります。
ご家庭等での密閉にならない効果的な換気方法を実践しましょう。
厚生労働省からも、新型コロナウイルス感染症対策として換気の重要性が示されています。

(事務連絡)現下の感染状況を踏まえたオミクロン株の特性に応じた検査体制及び効果的な換気の徹底について (1) (PDF 2.4MB)

(事務連絡)現下の感染状況を踏まえたオミクロン株の特性に応じた検査体制及び効果的な換気の徹底について (1)_7.jpg

(事務連絡)現下の感染状況を踏まえたオミクロン株の特性に応じた検査体制及び効果的な換気の徹底について (1)_8.jpg

咳エチケットとは

インフルエンザをはじめとして、咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症は数多くあります。「咳エチケット」は、これらの感染症を他人に感染させないために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。

正しい手洗い

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

日頃の備え[新型コロナウイルス感染症発生前のチェックリスト] (PDF 366KB)

seki.jpgtearai.jpg

感染症対策啓発ポスター手洗い・咳エチケット (PDF 659KB)

※出典:厚生労働省ホームページ

消毒

新型コロナウイルス感染症に関する家庭や施設内の消毒につきましては、下記のリンクをご覧ください。

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)

 

新型コロナウイルス感染症の対応のためのチェックリスト

1.対応の原則

感染発生時に対応すべき内容が複雑多岐に渡るような場合は、次に揚げる原則に立ち返って対応を検討しましょう。

1.持ち込まない

2.持ち出さない

3.拡げない

4.サービスは継続的に提供

休業した場合であっても代替サービスの提供が必要です。

2.感染発生前の対応(日頃の備え)

感染発生前は、各施設や事業所における予防対策が重要となります。

下記の「新型コロナウイルス感染発生前のチェックリスト(日頃の備え)」を参考に、今のうちから事業所でできることに取り組みましょう。

3.感染疑い発生時の対応

感染疑い発生時は、各施設や事業所における迅速かつ的確な対応が重要になります。

下記の「新型コロナウイルス感染疑い発生時のチェックリスト」を参考に、休業要請等にかかわらず、事業所内で感染症の疑いに気づいたときは、「新型コロナウイルス感染症受診・相談センター」に連絡するとともに、直ちに対応しましょう。

新型コロナウイルス感染症発生時のチェックリスト (PDF 366KB)

4.相談センター

新型コロナウイルス感染症受診・相談センター

電話番号(0985)78-5670
 

◎事業者の皆様におかれましては、職場等に下のチラシを掲示するなどして集団発生防止にご協力いただきますようお願いします。

3mitsu.jpg

感染拡大防止を踏まえたオンライン受診について

市内には、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点も踏まえ、電話や通信情報機器を用いた診療等を行っている医療機関があります。
受診に関してましては、厚生労働省ホームページにあります医療機関リストを参考に、事前に電話で具体的な方法等をご確認ください。

厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について」はこちらからご覧ください。

カテゴリー

このページのトップに戻る