宮崎市

ホームくらし・手続き新型コロナ対応方針・メッセージ

対応方針・メッセージ

市の対応方針

警報レベルについて

宮崎県の警報レベルを特別警報(レベル2)から警報(レベル1)へ移行

宮崎市の感染状況区分を「感染確認圏域(黄圏域)」から「感染未確認圏域(緑圏域)」へ移行

 

期間

令和3年10月19日(火)~当面の間

 

具体的な行動要請

1  会食時の「みやざきモデル」の徹底

  • 特に大人数、長時間を控える
  • ひなた飲食店認証制度認証店の利用を推奨

2  イベント開催における制限

以下を同時に満たす人数規模に制限

  • 収容率:大声あり50%以内、大声なし100%以内
  • 人数上限:5,000 人または収容定員50%以内(ただし、10,000 人を上限)のいずれか大きい方

3  高齢者施設・障がい者施設の面会

  • 感染対策を徹底の上、人数・時間を最小限で

4  高齢者施設従事者等の面会

  • 高齢者、基礎疾患がある方、高齢者施設・障がい者施設・医療機関従事者の方は、会食は家族などいつも一緒にいる身近な人と

5  県外との往来

  • 緊急事態措置区域、まん延防止等重点措置区域、感染拡大地域は、不要不急の往来自粛
  • 感染流行地域、感染注意地域との往来は、感染防止対策の徹底を

詳細につきましては「宮崎県 新型コロナウイルス感染症対策特設サイト」をご確認ください。

 

<参考>

【宮崎県】新型コロナ 現在の警報レベルについて

【宮崎県】県内の感染状況(警報レベル)及び全国の感染状況

 

今後も、感染拡大への強い危機感を維持し、「新型コロナウイルス感染症から身を守るための3つのお願い」や、宮崎市コロナ通知システム「コント」の活用などを積極的に周知し、感染拡大防止への協力を引き続きお願いしていくことといたします。

※新型コロナウイルス感染症に感染し、つらい思いをされている方々に対する差別的発言や誹謗中傷、詮索等が行われていると見聞きしております。
 偏見や差別的な行動をとらないことはもちろんのこと、不確かな情報に惑わされず、お互いを思いやりながら、感染予防対策に取り組んでいきましょう。

486973.jpg
13_【パターン13-3】宮崎市コロナ通知システムチラシ(市民向け).jpg

 

img_01_large.jpg
img_02_large.jpg

 

市長メッセージ

【令和3年10月19日】

県において、本日より、県内全域の警報レベルを「特別警報」から「警報」へ移行すること、また、宮崎・東諸県圏域を「感染未確認圏域(緑圏域)」に引き下げることが示されました。
これまで、市民や事業所等の皆様のご理解・ご協力により、感染対策に市民一丸となって取り組んできた結果、本市においては、10月5日以降、14日連続して感染者ゼロとなっており、感染が抑制されている状況にあります。
一方、全国的には、まだ感染の火種は残っており、今後、社会・経済活動が活発になり、県境を越えての人流が多くなっていくことを考慮すると、引き続き徹底した感染対策に取り組みながら、社会・経済活動に力を入れていく必要がございます。
市民の皆様におかれましては、県外からの持ち込み等により、再び、感染拡大につながらないよう、感染対策の継続をお願いするとともに、新型コロナワクチンの接種についても、ご理解・ご協力をお願いします。

 

【令和3年10月8日】

本日、県において、令和3年10月11日(月)から、県内全域の警報レベルを「特別警報」へ移行し、同日から、本市の感染状況区分を「感染確認圏域(黄圏域)」に変更すること等の方針が示されました。

市民及び事業者の皆様の、これまでの感染防止対策へのご協力により、本市の感染状況は落ち着きつつありますが、新規感染者等が下がりきっていない地域もありますので、感染が再拡大しないよう、今後も緊張感を持って、感染拡大防止に取り組んでまいります。

市民及び事業者の皆様におかれましては、引き続き、家庭内を含めた「マスクの着用」「こまめな手洗い」「手指消毒」等の感染防止対策の徹底をお願いいたします。

また、若い世代の皆様におかれましても、副反応のリスクより、新型コロナワクチン接種によるメリットが大きいことから、ご自身と大切な人の命を守る、新型コロナワクチンの積極的な接種をお願いいたします。

 

【令和3年9月29日】

昨日、国において、本県に対する「まん延防止等重点措置」適用の解除が決定され、本日、県において、本市に対する「感染警戒区域(オレンジ区域)」指定が決定されました。

新規感染者数の減少に伴い、行動制限が一部緩和されることにつきましては、ひとえに、市民や事業者の皆様方の感染防止対策へのご協力のおかげであり、心より感謝申し上げます。

しかしながら、未だに感染の火種が残っている状況のため、引き続き、家庭内を含めた「マスクの着用」「こまめな手洗い」「手指消毒」等の感染防止対策の徹底をお願いいたします。

また、副反応のリスクより、新型コロナワクチン接種によるメリットが大きいことからも、ご自身と大切な人の命を守る、新型コロナワクチンの積極的な接種をお願いいたします。

このページのトップに戻る