宮崎市

ホームくらし・手続き住民票・戸籍戸籍除籍謄抄本(除籍の全部事項証明、個人事項証明)や改製原戸籍謄抄本の交付請求

除籍謄抄本(除籍の全部事項証明、個人事項証明)や改製原戸籍謄抄本の交付請求

概要・内容

除籍や改製原戸籍の記載事項について確認したい場合には、除籍・改製原(「かいせいげん」または「かいせいはら」)戸籍謄本や除籍・改製原戸籍抄本の交付の請求をすることができます。

除籍・改製原戸籍謄本、除籍・改製原戸籍抄本とは

●除籍・改製原戸籍謄本(全部事項証明書)…除籍・改製原戸籍の記載の全部を写したもの

●除籍・改製原戸籍抄本(個人事項証明書)…除籍・改製原戸籍の記載されている人のうち、必要とする人の部分だけを写したもの

 

除籍とは

除籍とは、戸籍に記載されていた方全員が除かれたものです。
戸籍の記載が除かれる場合には、婚姻や分籍などによって新しい戸籍が作られた場合や、死亡、失踪または国籍を喪失した場合などがあります。
※一部の方が除かれただけのものは、除籍ではありません。

 

改製原戸籍とは

戸籍は、戸籍法の改正などによって、新しい様式に書き換えられることがあります。この書き換えられる前の戸籍を「改製原戸籍」といいます。
改製原戸籍には、平成改製原戸籍や昭和改製原戸籍などの種類があります。
●平成改製原戸籍…平成6年の法務省令により、それまで紙で行っていた戸籍の管理がコンピュータでできるようになりました。戸籍の電子化が行われている自治体では、元の紙の戸籍を平成改製原戸籍といいます。旧宮崎市では平成9年2月17日に、旧佐土原町は平成15年5月24日に、旧高岡町・旧田野町は平成17年12月17日に、旧清武町は平成11年3月6日に改製しています。

●昭和改製原戸籍…昭和32年の法務省令により、戸籍の構成方法を、それまでの「家」を一つ単位としての構成から、「夫婦と同氏の子」を単位として構成するようになりました。元の「家」を一つの単位として構成された戸籍のことを昭和改製原戸籍といいます。

 

対象者

宮崎市に本籍のある方、または過去に本籍のあった方の除籍・改製原戸籍謄抄本を必要とする方

 

交付手数料

1通につき750円

 

請求できる人・請求方法・請求窓口

請求しようとする除籍・改製原戸籍に記載されている方またはその配偶者、直系尊属、直系卑属の方またはその代理人の方が、市民課をはじめとする証明窓口へお越しいただくか、市民課 証明係 郵便請求担当へ郵送請求してください。
※代理人の場合は委任状が必要です。  様式のダウンロードはこちらから

※請求しようとする戸籍に請求者が記載されていない場合には、直系親族であることがわかる資料(戸籍謄本等)が必要です。ただし、宮崎市保管の戸籍謄本等で親族関係が確認できる場合は不要です。

また、次のような場合は、第三者であっても請求できます。
1 自己の権利の行使又は義務の履行のために必要な方

【交付請求書に明らかとすべき事項】
(1)権利又は義務が発生する原因となった具体的な事実
(2)権利又は義務の内容の概要
(3)権利行使又は義務履行と戸籍の記載事項の利用との具体的な関係
【例】 亡くなった兄の相続人となった妹が、兄の戸籍を請求する場合等

2 国又は地方公共団体の機関に提出する必要がある場合

【交付請求書に明らかとすべき事項】
(1)提出先となる国又は地方公共団体の機関の名称
(2)(1)で記載した機関への戸籍謄本等の提出を必要とする具体的な理由
 

3 その他戸籍に記載された事項を利用する正当な理由がある方

【交付請求書に明らかとすべき事項】
(1)戸籍の記載事項を利用する具体的な目的
(2)戸籍の記載事項を利用する具体的な方法
(3)戸籍の記載事項を利用する必要があることの具体的な事由
【例】 成年後見人であった方が、亡くなった成年被後見人の遺品を相続人である遺族に渡すため、成年被後見人の戸籍謄本を請求する場合等

※第三者による戸籍謄本等の請求にあたり、戸籍に記載された者のプライバシー保護等の観点により、本人確認書類のほか、疎明資料等の提出を求める場合がございます。

請求に必要なもの・記入例

窓口へお越しになる場合

1.戸籍関係交付請求書 1部  様式のダウンロードはこちらから
※ダウンロードするか、各証明交付窓口で受け取ってください。

※抄本(個人事項証明)の場合は、どなたの記載が必要か (必要な人の氏名)を記入してください。

2.窓口にお越しになる方の本人確認書類(写真の貼付のあるもの:運転免許証、写真付き住民基本台帳カード等)

3.委任状(代理人の場合)  様式のダウンロードはこちらから

 

郵送される場合

市民課 証明係 郵便請求担当へ、下記4点を送付してください。電話やファクス、電子メールでの請求はできません。
1.戸籍関係郵送請求書 1部  様式のダウンロードはこちらから
※ダウンロードするか、または便せんなどに以下の項目を記入してください。宮崎市以外の市町村の請求用紙でも、宮崎市が求める項目を満たしていれば使用できます。
(1)必要な戸籍の本籍、筆頭者氏名、証明に載せる人の氏名(証明が必要な人の氏名、または全員分など)

(2)必要な証明書の種類と通数 (例】 除籍謄本 1通)

(3)請求者の住所、氏名、生年月日、押印、日中連絡が取れる電話番号
※確認が必要な場合などは電話で連絡しますので、必ず電話番号をお書きください。

(4)請求者と、必要とする戸籍などに記載されている人との関係

(5)使用目的(ご本人からの請求の場合は不要です。)

2.手数料(定額小為替または現金)
・定額小為替はゆうちょ銀行または郵便局でご購入ください。
※小為替の受取人欄などには何も記入せず、そのままお送りください。

・現金の場合は、必ず現金書留でお送りください。

・手数料を切手や収入印紙で受け付けることはできません。

3.返信用封筒
請求者本人の住所・氏名を書いた封筒に、返信用の切手を貼ってください。複数取り寄せる場合や定形外の場合、速達での返送を希望される場合などは、必要な郵便料の切手を貼ってください。
※戸籍に関する証明書などは、住民登録している住所にしか送ることができません。勤務先などにはお送りできませんので、ご注意ください。

4.請求者の本人確認書類
運転免許証や住民基本台帳カード、健康保険証などの写しで、返送先の住所が確認できるもの。
※住所を変更されたことが裏面に記載されている場合は、裏面の写しも同封してください。

※住所を公的に確認できるものがない場合は、事前に下記までお問い合わせください。

◆代理人による請求
代理人が請求する場合は、請求者本人からの委任状が必要です。 様式のダウンロードはこちらから
※委任状は、すべて委任者(依頼する人)が記入してください。

◆送付先
〒880-8505 宮崎市橘通西一丁目1番1号 宮崎市市民課 証明係 郵便請求担当
 TEL 0985-25-2111(コールセンター)  0985-21-1752(直通)

カテゴリー

このページのトップに戻る