宮崎市

市・県民税の概要(令和3年度~)

※内容に関しては各自治体の実施内容、税制改正などにより変動する可能性があるため、最新情報をご確認ください。

市・県民税(個人住民税)について

市民税と県民税をあわせて個人住民税と呼ばれており、市民税はその年の1月1日に宮崎市内に住所があり、前年に所得があった方に課税されます。その税額は、一定の所得金額以上の方に定額で課税される「均等割」と、前年(1~12月)の所得金額に応じて課税される「所得割」から構成されています。なお、県民税は市民税とあわせて一緒に納めていただきます。

 

市・県民税の申告

申告をしなければならない人

その年の1月1日現在、宮崎市内に住所のある方は申告が必要です。ただし、所得税(国税)の確定申告をした方など、申告が必要でない場合があります。
詳しくはこちらでご確認くださいフローチャートも掲載しています)。

市民税・県民税申告書の提出

  • 申告書の提出方法・・・郵送、または窓口へ持参

  • 申告書の提出先・・・宮崎市役所市民税課

申告書のダウンロードや記入方法は「市・県民税の申告・関連書類」をご参照ください。

 

納税義務者

納税義務者とは、下記に該当する方を指します。
納税義務者 納めるべき税額
市内に住所がある個人 均等割額 + 所得割額
市内に住所はないが、事務所、事業所又は家屋敷のある個人 均等割額

市内に住所があるかどうか、また事務所などがあるかどうかは、その年の1月1日 (賦課期日)現在の状況で判断されます。

 

市・県民税がかからない方

以下に該当する場合は、非課税もしくは所得割が課税されません。
均等割も所得割も課税されない方
  • 生活保護法の規定による生活扶助を受けている方
    (教育扶助や住宅扶助、医療扶助等の、生活扶助以外の扶助は対象外)
  • 障がい者、未成年者(令和4年度時点で平成14年1月3日以後に生まれ婚姻歴のない人)、寡婦またはひとり親で、前年中の合計所得金額が135万円以下の方
  • 前年中の合計所得金額が次の計算式で求めた金額以下の方
    31万5千円×(本人十同一生計配偶者十扶養親族※) +28万9千円
    (本人だけの場合は41万5千円)
所得割が課税されない方
  • 前年中の総所得金額等の金額が次の計算式で求めた金額以下の方
    35万円× (本人十同一生計配偶者+扶養親族※)+42万円
    (本人だけの場合は45万円)
  • 所得控除の合計額が総所得金額等を上回る方

※0~16歳未満の扶養親族を含みます。

 

税額の算出方法

市・県民税額=均等割額+所得割額

均等割額

均等割額は下記のとおりです。
市民税 県民税 合計
3,500円 2,000円 5,500円(県民税には森林環境税500円を含む)

※平成26年度から令和5年度まで、金額が引き上げられています。詳しくは「均等割の税額(平成26年度~)」をご覧ください。

所得割額

所得割額=課税標準額(総所得金額所得控除合計額)×10%(市民税6%、県民税4%)-税額控除
※分離課税の所得は課税計算の方法が異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー

このページのトップに戻る